寝言は寝てから言え

たった1人でも役に立つ情報であれば、それでいいんです

PC・スマートフォン

SSL化しているのに”保護された通信”と表示されない時に調べること

今日は、Chromeが最近始めたWebサイトSSL化対応状況のステータス表示について話します。

常時SSL化に対応しているサイトであれば、Chromeで表示した時に、以下のような表示となります。

SSL対応している状態

ですが、当ブログの場合、常時SSL化しているつもりだったのですが、このように表示されます。

一部SSL対応している状態

これは、「一部が安全ではない(HTTP接続)になっていますよ」という表示のようで、ビックリマークをクリックし[詳細]を開くと、中身を見ることができます。

このサイトの接続は完全には保護されていません

[詳細]をクリックすると、securityタブが表示され、そこに赤丸で”Mixed Content”という文字があります。
その下には、”This site includes HTTP resources.”と書かれています。
「http接続が含まれますよ」という意味で、完全にセキュアなサイトではないと言っています。

Mixed Content

では、問題となっている箇所はどこなのか特定しましょう。

consoleタブを開きます。

SSL警告の詳細

当サイトの場合、2つの警告が検出されています。

いずれも、広告に使われているリンクで"http://"で始まるものです。
実は、この広告は現在サイト内で表示しておりませんが、いつか表示するかもしれないと思い、CSSで"display:none;"を指定して非表示にしておりました。
当然、HTMLソース上には存在するわけなので、Googleからしてみれば「HTTPの接続が残っているぞ」という解釈になるわけです。(まあ、当然ですね)

従って、これらのリンクを非表示ではなく、完全に削除すればめでたく”保護された通信”として表示されるわけです。

 

が、しかし!

 

実は、アフィリエイトで使用するリンクというのはまだ完全にSSL対応されていないのが現実です。

A8.netやAmazonは対応されているように見受けられますが、楽天へのリンクはまだされていない傾向にあるようです。(全部調べたわけではありません)

つまり、自サイトを完全にSSL対応したくても、アフィリエイト用のリンクが対応してくれない限り、中途半端なものになってしまうというわけです。

なんとも歯がゆい状況ですが、ここはグッと耐えて、早く相手方が対応してくれるのを待つしかありません。

まあでも、将来のためにも出来うる限りのことは早め早めに対応しておくといいでしょう。

-PC・スマートフォン